蠍座の満月

5月19日 午前6時10分頃に 蠍サインの28度(数え度数)で満月となります。

情感や気持ちを重視し、自分に足りないものを外部から補って強く変化していく、という性質を持つ蠍サインですが、今回満月の起こる28度という度数は、どのサインも共通して今居るサインから脱出しようと試みる 度数です。
牡牛の太陽と向き合いつつ蠍サインから次の一歩を踏み出そうとする今回の満月の様子を、太陽と月の示すサビアンシンボルを参考にまとめます♏️🎗♉️
 

 


満月の位置

蠍 28度 : 自分の領土に向かう妖精たちの王
The king of the fairies approaching his domain.

 
今回満月が起こる蠍の28度は、誰かと一緒じゃないと完成しない自分、という蠍サインの 影の性質 から脱却しようとする場所。誰かと一緒に、あるいは何かと一つになれば幸せになれる。そうした蠍サインの密かな願いは、状況や相手の心の変化に大きく左右されたり、逆に相手への期待や依存的な感情などで、何より自分自身を不安にさせることがあります。この28度は、心の支えとなるものを自分の外ではなく内面に持って自立心を築くことを促すシンボル。「領土」は自覚すべき信念のこと。妖精たちの王とは、その領土を守り統括する自分自身の精神力を表します。静かに心の中を整理して、相手や環境に何かを望むより「私はこうなりたいから、こういう姿勢を貫く」と決めて行動すると、蠍サインの強さや美しさがくっきりと浮かび上がります。

太陽の位置

牡牛 28度 : 成熟したロマンスで求められた女
A woman pursued by mature romance.

 
月を光で満たす太陽は牡牛の28度。蠍座の自立の試みを後押しするヒントが、太陽から送られます。シンボルの意味は、慣れ親しんだ日常を一変するチャンスを掴もうというもの。牡牛座は自分のルーツを大切にし、愛着ある物に囲まれ「安心」に満たされた生活の中で「豊かさ」を育むサイン。28度では、そういった馴染みの環境をガラリと変えるチャンスの訪れを暗示します。新しく刺激的な変化に惹かれるのですが、これまで守られてきた生活を一変させるそのチャンスに手を伸ばすかどうかは自分次第です。

太陽の両翼、水星と金星

満月の日は、太陽のすぐそばにコミュニケーションを司る水星が来ています。牡牛の水星なので、文字を書く、実際に対面して話をすることを大事にする、居心地のよい場所に出かけてみる、といった行動でチャンスを掴もうとする太陽をサポートします。

また、牡牛座で金星と天王星が合になっていることで、独自の審美眼に磨きがかかります。独特なセンスの光る物、体や肌をいたわるサプリや化粧品など、新しいものに手を伸ばしてみるのも、良い変化を引き寄せるのに役立ちそうです。


蠍の満月のメッセージ

改めて今回の蠍座の満月チャートを見ると、自分軸を大切に心の「自立」を意識することが促されているように感じます。ただ、「自立」といっても力強さや厳しさというよりは、心ときめく変化を自分で掴みに行く柔軟さや、小さな勇気が鍵。「誰か」の意見に萎縮せず、自身の考えや感じるところを信じて言葉や形にしてみると、良い変化の軌道を自分で掴んで自信や希望に変えることができます。

自分を幸せにするのは「誰か」でも「何か」でもなく自分自身。自分が後悔しないように勇気を出すんだよと背中を押してくれる蠍の満月のメッセージでした。

五月の満月は、様々な国で“Flower Moon (フラワームーン/花月)”と名付けられ愛されています。バラやハナミズキ、スズランやチューリップなど、初夏の空の下で可憐に咲きほこる花の姿にも、自分らしく生きる強さや主体性のヒントをもらえそうです。

みなさまにとって良い満月となりますように🍀


 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です