2020 獅子座満月

2020年、関東は暖冬の2月を迎えています。
寒暖の差はありますがもう春を思わせるような暖かい日が何日も。

嬉しいような、ちょっと物足りないような2020の冬ですが、山羊座に星の集まるこの1年は伝統や季節の節目を大事に過ごしたいなと、先日の節分・立春に寄せて苺大福を作りました。大好きな和菓子。あんことイチゴの組み合わせ、考えてくださった方に大感謝🍓

 


 最近の星と社会の動き

日々を精一杯楽しもうとする一方で、新聞やニュースを見ると、オーストラリアの森林火災、新型肺炎、老朽化したインフラが起こす問題など、途方に暮れてしまいそうな問題がズラリ。
 
山羊に土星・冥王星・木星が集まり、牡牛の天王星も効いている最近の星空。老朽化したシステムや今は通用しなくなった古い常識が、どんどん覆されていく流れが出ているのでしょうか。

 
今や通用しなくなりつつある世界の綻びに対処していくのは、言葉に言い尽くせないほど重たく深刻で勇気のいる事ですが、今の時代を生きる私たちの使命として皆で向き合って乗り越えていくしかありません。大きな問題が起こるたびに保守的になったり自閉するのではなく、情報を公開し世界の知性と力を集めて迅速に対応する流れが必要になってきます。
 
古いものは調整やメンテナンスが必要だし、これからを生きる人々が納得いかないルールやシステムは見直していく必要があるのは当然。
ただ同時に「正しいものを正しい」と強く貫くことで生じる辛辣な痛みのケアにも目を向けていく必要がありそうです。
 
世界の今に、当事者として向き合っていく意識を持つことの大切さを痛感します。


 獅子座の満月

そして明日 2月9日(日)は、 日本時間だと16時32分頃に獅子座の満月です。
大きな理想や目的のために、気持ちを盛り上げて突進していきそうな、テンション高めの星並び。
 
獅子座満月の星の配置図と、満月のサビアンシンボルはこちら。
 

 
🌝月:獅子 21°
「中毒した鶏 / Chickens intoxicated.」
高い目的に対して飛び込むエネルギー
 
🌞太陽:水瓶 21°
「絶望し幻滅した女 / A woman disappointed and disillusioned.」
大きな目的のために純粋に貢献したいという意欲。心身がついてこなくて苛立つことがあっても進むことをやめない力。


 満月のムード

個人レベルで考えられるのはこんなムード。
 
☑️ 思い切って動く、挑戦する、勝負に出る
☑️ 誰かのため、目標を達成するために自分を犠牲にして取り組む
☑️ 不安を押しのけて行動する
☑️ 未知なこと、ちょっと怖いと感じることも楽しむ
☑️ 何かに挑戦することで皆が喜ぶ
 
感情の高まり、チャレンジ精神、強い決意などが先行して体が突き動かされるような雰囲気です。また、スリルやリスク、緊張感をどこか楽しんでいる気持ちが隠れているのが特徴的。
 
この満月のムードの中で大事なのは「何のための行動か」という意識。
到達したい目標や、愛する人の存在、誰に理解されなくともチャレンジしよう、との思いが、自分中心にまとまってしまう窮屈さを払い、器を広げ、喜びを拡大してくれます。
 
大丈夫かな?という感じもしますが、そういうエネルギーも時に必要。
新しい世界を知って自信がついたり、自分が思っていた「限界」が思い込みだったことに気付いたり、皆で最高に楽しめたり、欲しいものを手に入れたり、そんなギフトが期待できそうです。
ただ、闇雲に飛び込むと、無理をして体を壊したり、次の課題ができたり、とういこともあるので、テンションだけで進まないようにご注意を🎉
 
山羊サインに木星がいる時期は、良いアドバイスをくれる先生や、経験や知識の豊富な人に相談するというワンクッションを入れると良さそうです。
現実的な注意点を知り、納得の上で挑戦するのがベスト。
 
恋愛や人間関係の勝負、仕事での挑戦、イベントやショッピングを思い切り楽しむなど、それぞれ目的を決めて(怪我をしないように!)存分に楽しめる1日となりますように🌟
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です